ガジェタル

ガジェット+デジタルを中心にあらゆるカルチャーをお届け!

昭和生まれのガジェットマニアに突き刺さる昔のハイテクガジェット8選

昭和生まれのガジェットマニアに突き刺さる昔のハイテクガジェット8選

バーチャルボーイとかiMacとかちょっとレトロなガジェット紹介って流行ってるので便乗してみることにしました。ただ古いガジェット紹介じゃつまらないのでガジェット好きな方々に突き刺さりそうな昭和〜平成初期にかけてのハイテク製品を厳選してご紹介致します。

Panaconic SHOCK WAVE

ヘッドホンが震える!

コンパクトでスタイリッシュなデザインが主流になり始めた90年代に突如現れた超ゴツいポータブルプレーヤー。その見た目どおり、防止・防塵・耐衝撃と同時期に流行ったG-SHOCKを彷彿とさせる機能は流行らないわけがありません。さらにこのプレーヤーその名の通り低音再生能力が高く、ベースやバスドラムに合わせてヘッドホンがブルブル震えるんです。

SHARP SF-1

スーパーファミコン内蔵テレビ

なんとテレビとスーパーファミコンを合体させてしまった当時の小学生には夢のようなテレビ。これを持っているだけでヒーローになれました。テレビデオ全盛という時代背景もあり、合体させるのが流行ってたんでしょうね…液晶テレビ内蔵コンポとかもありましたよね。これならプレイしすぎたからといって親に隠される心配もなし! ただし、テレビかスーパーファミコン部分どちらかが壊れたら終わりです。

JVC HX-GX7

今にも飛び立ちそうなシステムコンポ

2000年代で割りと新しめなのですが、その風貌から掲載せざるを得なかったJVC製システムコンポHX-GX7。KENWOODのシステムコンポもそうだったんですけど、流線型を意識したコックピットみたいなシステムコンポが多かったですよね。このコンポは5CDチェンジャーを搭載しています。わかりますか? CDを5枚一気に入れて入れ替えることができるんですよ? そして絶妙な年代のせいかMDは搭載されてません。

パックス パワーグローブ

未だ色褪せることのない素晴らしき造形美

これなにかわかりますか? ファミコンのコントローラーです。1990年、ファミコン全盛期に突如発売された21世紀から来たのではないかという未来感溢れるコントローラーは当時の小学生の間で話題に。このコントローラーを接続してテレビにかざした手を傾けるだけでマリオが移動、指を曲げればジャンプ!まさに未来のゲーム機!…というほどではなく、とにかく操作しづらくて買った人はとことん後悔してました。あ、僕は買いましたよ。

エポック バーコードバトラー &
バンダイ スーパーバーコードウォーズ

バーコードから戦士を作り出し戦うゲーム機

バーコードを読み取らせることで、液晶画面に攻撃力や防御力、HPが数値化され互いの作り出した戦士で対戦するバーコードゲーム機。バーコードバトラーが先行して発売され大ブレイクし、海外製のバーコードは強い、ゾンビバトラーなど様々な話題を生みました。そして後発のスーパーバーコードソルジャーは、バーコードだけでなく名刺を読んだり、読み取らせる速度や技(ツバメ返しなど)で数値が変わるマルチスキャニングシステムで差別化を図った製品になります。

カシオ スーパーサイバークロス JG-200

赤外線で通信対戦!相手の攻撃でバイブレーション!

まるで戦隊モノのアイテムを彷彿とさせるこの腕時計、赤外線通信により対戦やメッセージの送受信が可能。さらに専用の振動ブースターにより相手の攻撃を受けるとバイブレーションするというスーパーなウォッチです。この時代のカシオは他にもテレビのリモコン機能が付いた「CMD-10」や、パンチ力測定機能が付いた「JG-300」のほか、今でこそスマートウォッチで当たり前となった脈拍測定や体脂肪測定、血圧測定ができる腕時計を数多く発売してました。ちょっと未来を行き過ぎちゃいましたね。

任天堂 ライトボーイ

夜でも!ゲームボーイが!楽しめる!!!

今でこそ当たり前になったバックライト液晶ですが、当時ゲームボーイにそんなものはありませんでした。そのため、プレイ時の明るさによってコントラストを調整しないとろくに画面が見えません。日中の外だと眩しくて見えない、暗がりだと画面が暗くて見えない。そんな悩みを解決してくれたのがライトボーイでした。これさえあれば夜のキャンプでもゲームボーイが楽しめちゃいます。っていうか「アタッチメントを付けてる」ってだけでテンションが上がりますよね。

セガ バーチャルシューティング ロックオン

リアルスカウターだああああああああああ!!!!!!!!!!!

とテンションが上がった思い出がある方も多いのではないでしょうか? これ実際にヘッドアップディスプレイにスコアが映し出されるんです。そして、お互い装着したヘッドアップディスプレイを狙って赤外線銃を狙い、受光部にヒットすることでサウンドと共にスコアが動くという近未来なリアルガジェット。ちなみにスカウターのおもちゃは発売されてたんですが、ただの透明なプラスチックを使ってカードダスの隠し数値が見えるだけっていうなんとも子供だましなものでした。

この記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

Return Top