ガジェタル

ガジェット+デジタルを中心にあらゆるカルチャーをお届け!

誰でも簡単に出来る!Amazon.com(アメリカ)で登録・購入する方法【アカウント登録編】

誰でも簡単に出来る!Amazon.com(アメリカ)で登録・購入する方法【アカウント登録編】

amazon.com(アメリカのAmazon)を使うことで、日本よりも格安で最新のガジェットが購入することが可能。日本では発売されてないアイテムも多数あるので、この機会に登録しちゃいましょう。

Amazon.comとは

本家本元であるアメリカのAmazonです。Googleなどで「amazon」で検索すると日本のAmazonが表示されてしまうので、知らない方も多いでしょうが、「Amazon.com」で検索をかけたりURLを直接打ち込めば表示されます。

日本のAmazonよりも格安で購入できる可能性が高い!

製品名 amazon.jp amazon.com 差額
化物語 Blu-ray BOX ¥31,795 $174.99(¥19,469 – ¥12,326
Fitbit Alta HR ¥19,434 $149.03(¥16,581 – ¥2,853
GV-N1080G1 ¥85,690 $604.49(¥67,255 – ¥18,435
Prey(PS4) ¥6,097 $39.16(¥4,356 – ¥1,741

上記のようにAmazon.comで取り扱ってる商品は日本のAmazonで購入するよりも安く購入可能なものが多数あります。特にアニメのBlu-rayディスクやグラフィックカード、ブランドアイテムなど、激安で購入可能な特定のジャンルも多数存在します。特にAmazon.jpで並行輸入品と書かれているマーケット商品はAmazon.comから購入された転売品であることも多いのでどうせなら自分で輸入しちゃった方が安く済んだりします。(表示価格は2017年6月の記事執筆時点のものとなります。)

日本では手に入らないアイテムが手に入る

スマートスピーカー「Amazon Echo」や「EVGA」のグラフィックカード、クラウドファンディングによるスタートアップガジェットなど日本で未発売の製品が売っているのも強み。他にもSIMフリースマートフォン、アウトドア用品、ブランド用品など海外ならではのグッズが揃うジャンルも多いので見る楽しみも広がります。

Amazon.comアカウントの登録方法

実は日本のAmazonは独立しており、日本のAmazonアカウントではAmazon.comにログインできません。そのため、Amazon.comで新規アカウントを登録する必要があります。英語が苦手な方のために、日本語訳を混じえてアカウントの作成方法を解説していきます。

1.クレジットカードの準備

Amazon.comで支払いを行うにはクレジットカード、またはアメリカのAmazonギフトカードなどが必要となります。また利用できるクレジットはVisa・MastarCard・JCB・American Express・Dinours・UnionPay・Discoverなど主要なサービスには対応していますが、Paypalによる支払いは出来ないので注意してください。

初めての方にオススメのクレジットカード

Amazon Master Card → お申込みはコチラ

Amazonで買い物するならAmazonのカードが1番! Amazonで買い物する際、プライム会員なら2%、プライム会員以外は1.5%という高還元率が魅力。さらにゴールドカードにすれば2.5%還元なうえにAmazonプライムの年会費が無料に! Amazonヘビーユーザーの方は個人輸入をしなくても絶対に持っておいたほうがいいカードですね。(特典は日本のAmazonに対するものとなります。)

楽天カード(JCB) → お申込みはコチラ

こちらも一般的にカードに比べて還元率が1%と高く年会費が無料。さらに楽天市場でのお買い物や楽天モバイルなど、楽天系のサービスを利用する際に取得できるポイントが数倍になったりするので、楽天でお買い物する人は絶対に持っておいたほうがいいカードです。今なら入会するだけで7000ポイントの楽天ポイントがもらえるキャンペーンも実施中。

VISAデビットカードを利用する

東京三菱UFJ銀行楽天銀行に銀行口座を作ると、キャッシュカードをクレジットカードの代わりに使うことができるVISA(JCB)デビットカード機能を付与することができます。メリットはクレジットカードと違い使ったその場で銀行口座から直接お金が引き落とされるのでクレジットカードのように借金のような形にならずに、使う分だけ口座に入れておけばいいというもの。また、審査や年会費などもなく15歳から作成できるので審査が厳しくてクレジットカードが持てない、クレジットカードは作りたくないという方にオススメです。

プリペイドカードを利用する

Vプリカという審査不要・即日発行が可能なネット専用プリペイドカードがあります。コンビニで利用する金額分チャージすることで普通のクレジットカードと同じように使うことが可能。こちらも審査が厳しかったりクレジットカードを作りたくない方にオススメですが、ポイントが貯まらなかったり、手数料がかかったりと割高になってしまうので注意しましょう。

2.新規アカウントの作成

まずはAmazon.comにアクセスしたら画像赤枠「Account & Lists」をクリックします。

Create your Amazon account」をクリックします。

氏名・メールアドレス・任意のパスワードを入力します。氏名はローマ字表記で名前と苗字を反対にしましょう(例:山田太郎→Taro Yamada)。入力が終わったら「Create your Amazon account」をクリックするとアカウントの作成は完了です。

3.商品送付先住所の登録

登録したアカウントでログインしている状態でもう一度トップ画面から「Account & Lists」をクリックします。

アカウント画面から「Addresses」をクリックして住所登録に進みます。

Add Address」と書かれた点線枠内をクリックします。

画像の例に従い住所を入力し、終わったら「Add address」をクリックして完了です。もし心配な方は 住所かんたん翻訳 などのサービスを使ってもいいかもしれません。全角・日本語には対応していないので、くれぐれも日本語で入力せず、半角英数字で入力するように気をつけてください。

4.支払い情報(クレジットカード)の登録

 

もう一度、アカウント画面を開いたら今度は「Payment Options」をクリックします。

上記画面が表示されるので、赤枠内に支払いをしたいクレジットカード、またはVISAデビットカードの情報を入力し、完了したら「Add your card」をクリックします。

住所を先に登録していれば、上記の画面が表示されるので「Use this address」をクリックして一連の情報登録は終了となります。

次はいよいよ製品の購入。長くなりましたので以下に記事を分割して掲載してます。合わせてお読みください。

この記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

Return Top