本格オーディオメーカーから発売されているゲーミングヘッドセット9選【Sennheiser / BOSE / JBL他】

e-Sportsの人気増加に伴いラインナップが増えたゲーミングヘッドセット。当初はRazerやロジクールなどゲーミングメーカーのみでしたが、今やSennheiserやJBLといった本格的なオーディオブランドからもゲーミングヘッドセットが発売されています。

あまり名前を聞かないのはゲーミングメーカーと違い、まだプロと本格的なスポンサー契約をしているメーカーが少ないためであり、今まで培われた音響技術は折り紙付き。今回はそんな本格オーディオメーカーから発売されているゲーミングヘッドセットをご紹介していきます。

EPOS / Sennheiser(ゼンハイザー)

オーディオブランドの中では早期からゲーミング市場に参戦し、数多くのプロゲーマーの信頼を得ている「Sennheiser」を基に2020年に新規で立ち上げられたゲーミングブランドが「EPOS」です。そのため、現在はSennheiser製の製品を扱っていますが2020年10月からはブランド単独によるゲーミングデバイスを発売していく予定です。

GSP500

プロゲーマーも愛用する人気ヘッドセット

ゲーミングヘッドセットには数少ない開放型を採用した1番人気のモデル。ASTROのMIX AMPと使うことで現環境では最高クラスの音質・定位感を実現すると言われているヘッドセット。マイク品質も好評なうえに上げ下げするだけでミュートのON-OFFが可能なのも嬉しい点です。

GSX 1000

オーディオメーカーが作った本格的ゲーミングアンプ

同社から発売されているゲーミングアンプ。本製品を介することで7.1chサウンドを実現しより臨場感溢れるサウンドになり、敵の足音による索敵がさらにスムーズになることでしょう。ゲームのみならず映画や音楽用のプリセットも登録されており、あらゆる環境で最高の没入感を体感したい方にオススメのヘッドホンアンプです。

created by Rinker
EPOS | Sennheiser
¥32,560 (2020/08/07 23:08:59時点 Amazon調べ-詳細)

JBL

JBL Quantum ONE

個人に合わせたサウンドチューニングが可能

Bluetooth製品を中心に数多くのオーディオ機器を発売しているJBL製のヘッドセット。人間工学に基づき設計された本機はヘッドトラッキングセンサーを搭載。独自のアルゴリズムでサウンドをキャリブレーションし、よりリアルで正確な音の位置情報を実現しました。

JBL Quantum 100

¥4,000で買える本格ゲーミングヘッドセット

JBLから出されてるゲーミングヘッドセットのエントリーモデル。謎の中華メーカーではなく本格的なオーディオメーカーのヘッドセットを¥4,000以下で購入することができるのは魅力。またマイクが脱着式のためゲームのみならず音楽用途としても利用できます。

オーディオテクニカ

ATH-PDG1a

耳を解析して個人に最適なサウンドを提供

DJ機器などを中心に多彩な製品を発売している国産メーカー。専用のソフトウェア「Immerse™」が一人ひとりの耳を分析し個人に最適化されたサウンドを実現。ケーブルにスイッチングユニットが搭載されているため、手元で簡単に音量調整やマイクミュートの切り替えが可能です。

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥16,800 (2020/08/07 17:34:36時点 Amazon調べ-詳細)

ATGM2

手持ちのヘッドホンをゲーミングモデルに

手持ちのお気に入りヘッドホンにマイクと取り付けることで手軽にゲーミング(風?)ヘッドセットにすることができるムーブマイクです。専用の台座が付属しマイクはいつでも取り外し可能、マイクロフォンとヘッドホンのプラグを4極にまとめる専用アダプターも付属します。

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥8,545 (2020/08/07 17:34:37時点 Amazon調べ-詳細)

BOSE / Shure

ゲーミングヘッドセットではないのですがインイヤー方式のイヤホンを使うのが主流のFPS大会において数多くのプレイヤーが使っているオーディオブランドのインイヤーイヤホンをご紹介します。ドライバーサイズからサラウンド技術の採用などが難しいためゲーミング特化という概念がまだ少なく、オーディオブランド製の製品が人気です。中でも多くのFPSプロゲーマーが大会で使用している2製品をご紹介致します。

QuietComfort® 20

ノイズキャンセリング搭載イヤホン

人気オーディオメーカーBOSEから発売されているノイズキャンセリング搭載イヤホン。その音質もさることながら、つけ心地のいいイヤーチップはまさにトップブランド。専用のコントロールモジュールが付属し、ノイズキャンセリングの切り替えやボリュームコントロールなども手軽に調整可能です。

SE215

プロのアーティストからも信頼される音響技術

プロのアーティストや音楽シーンで絶大な信頼を得ている音響メーカー「Shure」製のインイヤーイヤホン。その技術を活かしたクリアーなサウンド必聴。また遮音性がとても高いため、外部の音を遮断するのが目的のプロプレイヤーから人気なのもうなずけます。

SHIDO(ONKYO / Pioneer)

SHIDO 001

ONKYOとPioneerのゲーミングブランド「SHIDO」のフラッグシップモデル。つけ心地にとことんこだわった冷却ジェル入りイヤーパッドを採用。ダブルチャンバーを採用したネオジムマグネット50mmドライバーはオーディオブランドならではで、圧倒的にクリアなサウンドを提供してくれます。

おすすめの記事