FPSと言えばもともとはマウスでプレイするのが基本でしたが、PlayStation4から始めたユーザーの多くはパッド(コントローラー)の方が慣れている方も多いのではないでしょうか? はじめから付属するコントローラーでもいいのですが、FPSに特化したものを使うことで戦果に大きく影響してきます。そこで今回はFPS・TPSプレイヤーにおすすめする最新のコントローラーをご紹介していきます。

FPS・TPSにおけるパッドとは

古くはマウスが一般的だった

パッドとは「コントローラーパッド」の略で「コントローラー」と略す方も多いはずです。PCゲームの多くはマウスで操作をしますが、コンシューマ機(家庭用ゲーム機)の多くはパッドを使ってプレイします。

FPSの歴史を遡ると、DOOMをはじめPCゲームが主流でした。そのためキーボードでキャラクター操作、マウスでエイム操作というプレイスタイルが一般的だったのですが、昨今はCS機(コンシューマ機)の普及によりパッドで操作するユーザーも増えています。

マウス派・パッド派論争

最近はPCやCS機を問わずマッチングするクロスプレイやCS機用のマウス・PC用のパッドなどが発売しているため、たびたび「マウス(パッド)は卑怯」といった論争が起こります。

これはまだこういった専用コントローラーが発売する以前に、ゲーム的には禁止しているにも関わらずコンバーターなどを使用して無理やりPlayStation3でマウスを使用したりするユーザーが多かったなごりもありそういったプレイヤーを「ハードウェアチーター」と呼んでいました。しかし、現在はそういったルールは特に無く、多くのゲームメーカーが「どっちを使ってもかまわない」といったスタンスです。

そのため筆者はルールで明確に「マウス(パッド)は禁止」と決められてない限りは好きな方を使っていいと思います。それでも文句を言ってくる人は単純に自分の実力のなさをデバイスにしたいだけのかわいそうな人なので、そっとブロックするようにしましょう。上手な人は何を使っても上手です。

FPS・TPSにおけるパッドのメリット

キャラクターコントロールがしやすい

ApexLegendsなど上下左右の激しい動きが多いゲームなどではエイム以外にキャラクターコントロール(キャラコン)が重要になってきます。それらの操作をキーボードだと多数のボタンを左手だけで扱わなければならないですが、パッドなら左アナログスティックと右手のボタンで簡単に操作できます。

姿勢を選ばない

マウスだとどうしても土台となる机などが必要となり体勢が決められてしまうため、長時間のプレイは疲労につながりますが、パッドだと寝ながらプレイしたりすることも可能です。

エイムアシストがある(一部タイトル)

標準が敵キャラクター付近に近づくと吸い付いたり、スローになってエイムしやすくなる「エイムアシスト」を採用しているゲームがあるため、マウスとのエイム差がなくなります。

 

FPS・TPSにおけるパッドのデメリット

細かいエイムが苦手

右のアナログスティックでエイム操作をするため、マウスと比べて細かなエイム操作が難しいと言われています。また、スティックの可動域が決まっているためマウスのように「大きく振る」動作ができず、視点の360回転の速度がマウスに比べて遅かったりします。

一部操作に制限がかかる

ApexLegendsではデスボックスを漁る時に移動ができないなど、一部動作に制限がかかることもあります。また、右手親指でアナログスティックを操作するため、右側のボタン操作をするためにはスティックを離すか特殊な持ち方をするしかないため、ジャンプ撃ちなど一部操作や同時押しが苦手です。

FPS・TPSにおけるパッドの選び方

スティックの高さ

FPSは細かなスティック操作を必要とします。そのため、スティックの高さが高いと少し動かしたつもりがかなり大きな動きになってしまうことが多いため、できるだけスティックの高さが低いものを選ぶようにしましょう。製品によってはこの辺をカスタマイズできるものも存在します。

背面ボタンが付いている

一部のコントローラーはFPS用に背面ボタンが付いている場合があります。これにより、中指や薬指を使ってボタン操作ができるため、前述した「ジャンプ撃ちや同時押しがしづらい」というデメリットを回避することができます。

耐久性・保証の長さ

パッドは高いものになると¥20,000を超えてきます。さらに割と壊れることも多い製品ですので、耐久性や保証の長さを気にしてみるのもいいかと思います。

FPS・TPSにおすすめのパッドランキング

ASTRO Gaming C40TR

あらゆるカスタマイズが可能な名機

人気ヘッドセットでもおなじみのASTROから発売されているゲームパッド。十字キーやスティックのカスタマイズはもちろん、人間工学に基づいた背面ボタンはマッピングによりあらゆるプレイスタイルに最適化することが可能。有線・無線両対応など、欲しい機能満載のコントローラーです。また2年間のメーカー保証が付属ので安心です。

Thrustmaster eSwap Pro Controller

T-MODテクノロジーによるモジュールカスタマイズ

スティックや十字キーをモジュールで管理し、好みのポジショニングにカスタムできるT-MODテクノロジーを採用。一部が壊れても、モジュールごとに別売りされているため、コントローラーの寿命を延ばします。背面には4ボタンを搭載し、PCを使ってマッピングすることも可能となっています。

Razer Raiju Ultimate

有名ゲーミングメーカー製コントローラー

マウスやヘッドセットでもおなじみのゲーミングメーカー「Razer」から発売されているコントローラー。モバイルアプリでボタンの割当を変更できるので、PCを持ってない方でもカスタマイズ可能。ヘアトリガーモードを搭載し、トリガーの距離を調整することもできます。

Nacon REVOLUTION UNLIMITED PRO CONTROLLER

PS4公認コントローラーの最新作

かなり早い時期からPS4公認のコントローラーとして発売されていたシリーズの最新作。スティック部分のヘッドやシャフト、本体のウェイトによる重さのカスタムなどあらゆるカスタマイズが可能。新作が出るたびにしっかりとした不満点が解消されているため、信頼感のあるコントローラーです。

SCUFシリーズ

海外で絶大な人気を誇るコントローラー

プロプレイヤーや実況者にも愛用者が多いコントローラー。設定などにPCが必要なく、EMRという専用機器を使用してカスタムします。背面にはパドルと呼ばれる4つのトリガーを搭載し、通常のコントローラーでは難しい操作も可能となります。

高いのが買えない人向けのおすすめコントローラー

ホリパッドFPSプラス

カスタム性はないが連射機能が魅力

安価なサードパーティーアクセサリーを数多く発売しているHORIのFPS向けコントローラー。連射機能を搭載しているため、指切りの必要がなくバースト武器などのリコイル制御がしやすい製品です。

created by Rinker
ホリ
¥4,000 (2020/07/04 20:02:32時点 Amazon調べ-詳細)

DUALSHOCK4 背面ボタンアタッチメント

純正コントローラーに背面ボタンを追加

コントローラーではありませんが、PS4純正コントローラーに背面ボタンを実装できる純正アタッチメント。背面ボタン付きコントローラーは高くて買えないという方はこちらを試してみるといいでしょう。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥6,800 (2020/07/04 20:02:32時点 Amazon調べ-詳細)

タクティカルアサルトコマンダー G2

マウスとパッドのいいとこどり!?

左手でパッド、右手はマウスという特殊な環境を作ることができるコントローラー。左手のパッド部分には専用のホルダーが付いているため、左手一本で操作可能となっています。ただ、特殊な構成ゆえに慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえば、パッドのキャラコンとマウスのエイムを両立することができます。

created by Rinker
ホリ
¥8,083 (2020/07/04 20:02:33時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめの記事