ガジェタル -ガジェットモノマガジン-

ガジェット+デジタルを中心にあらゆるカルチャーをお届け!

【2018春夏】PUBG Mobileや荒野行動が快適に楽しめるオススメのゲーミングスマホ【SIMフリー・比較】

PUBG Mobileや荒野行動、フォートナイトにVainGlory…昨今のスマホゲーのグラフィックはPS3など一昔前のゲーム機をも凌駕する時代へと突入しています。そのため、並大抵のスペックのスマホではカクツキやレンダリングが気になるように…。そこで今回はゲーマーの方におすすめのスマホをご紹介していきます。

ゲーム向けスマホの選び方

1.iPhone or Android?

結論から言うと筆者的にはiPhoneをオススメします。両方共最新モデルのものを所有していますが、同等のゲームをやった場合iPhoneのほうが起動も早く、カクツキもありません。しかし、こちらの記事で紹介しているようなデバイスに非対応の場合が多いため、使いたい場合などはAndroidも選択肢に入ってきます。また、iOSとGoogle Appでは配信されているゲームや配信日が異なることも多いため、目当てのゲームに合わせて選択するようにしましょう。

2.CPU/GPU性能とメモリ容量の多いものを選ぶ

CPUとはスマホの処理を担う部分となっており、GPUはグラフィックの処理を担当しています。この2つが高性能な機種ほど快適かつスムーズにゲームが動作します。また、メモリも同様に容量が多ければ多いほどアプリが快適に動作するのでこの2つのスペックに注目しましょう。また、ベンチマークスコアといってスマホの処理能力を数値化したものがありますのでそちらを指標にするのも1つの手です。詳しくは後述のスコアを参考にしてみてください。

3.ゲーム向け機能が搭載されている機種もある

Galaxyシリーズに搭載されているゲーム機能はゲームランチャーやZenFone 3などに搭載されているGame Genieなど、ゲーム向けの機能を搭載しているスマホも多数あります。

4.画面サイズと解像度で選ぶ

ゲームをするならやはり画面が大きい方が操作性の向上に繋がるため、できるだけ大きいものを選ぶのがオススメです。また解像度が高ければそれだけ精細なグラフィックを楽しむことができるようになりますが、その分CPUやバッテリーに負荷がかかりやすくなりますので気をつけましょう。注目なのはSHARPの機種に搭載されているIGZO液晶。リフレッシュレートが高くヌルヌルと滑らかに動作する上に高精細、省電力というまさにゲームにうってつけの液晶となっています。

最新のおすすめCPUとベンチマークスコア

ベンチマークスコアはAntutuをはじめとするベンチマークアプリで測ることができます。現在おすすめのCPUは以下になりますので参考にしてみてください。

CPU名総合スコアGPUスコア(3Dスコア)主な機種
Apple A11 Bionic GPU240000110000iPhone 8,Plus,Xなど
Snapdragon 84526000080000Xperia XZⅡなど
Snapdragon 83520000055000Zenfone 4 Proなど
Kirin 97021000034000P20 Pro,Mate 10 Proなど
Kirin 96019000035000Mate 9など
Exynos 981024500047000Galaxy S9+,S9など
Exynos 889520000036000Galaxy S8など
※上記スコアはAntutuおよび3DMarkIceStormの平均値から端数を切り捨てたものです。

こうしてみると現在最新のiPhoneシリーズに搭載されているA11がずば抜けていることがわかりますね。総合も重要ですが3Dゲームをする際に必要なGPUのスコアを参考にしてみましょう。※本記事に掲載されているベンチマークスコアは全て参考値です。OSや搭載メモリ、環境によってスコアは前後します。

iPhone 8 Plus(Apple)

安定を求めるならおなじみのiPhoneシリーズで決まり!

当サイト一番のオススメはiPhone 8 Plusです。Xもいいのですが、画面やコスパなどを考えるとこちらのほうがバランスがいいかと思います。前述の通りAndroidに比べ安定性が非常に高いため、あらゆるゲームをバランスよくプレイすることができます。デメリットはイヤホン端子がないため、FPSゲームに最も重要とされるヘッドセット、イヤホンの選択肢が狭まることですね。

主なスペック 
CPUApple A11 Bionic
Antutuスコア(CPU)230000
GPUApple A11 Bionic GPU
Antutuスコア(3D)75000
ディスプレイ5.5インチ
1920×1080(401ppi)
RAM/ROM3GB/64or256GB(参考値)
バッテリー容量2675mAh(参考値)
参考価格89,800

RazerPhone(Razer)

ゲーミングメーカーが本気で作ったスマートフォン

Androidの一押し機種はゲーミングメーカーRazer(レイザー)が作ったゲーミングスマホ。最新のCPUにメモリが8GB、バッテリー4000mAhというハイスペックに加え、IGZO液晶を採用することで最大120Hz駆動のリフレッシュレートによりヌルヌルと動きます。日本では未発売ですが以下のリンクよりAmazonで購入することができます。

主なスペック 
CPUQualcomm MSM8998
Snapdragon 835
Antutuスコア(CPU)185000
GPUQualcomm Adreno 540 GPU
Antutuスコア(3D)80000
ディスプレイ5.7インチ IGZO
1440×2560 120Hz
RAM/ROM8GB/64GB
バッテリー容量4000mAh
参考価格¥108,000

Red Magic(ZTE)

背面のLEDがゲーマー心をくすぐるゲーミングスマホ

中国のスマホメーカーZTEのサブブランドであるNubiaから先日発売されたRed Magic。スペックこそRazer Phoneと似ていますが、こちらはIGZOを採用していないため、滑らかさでは劣ります。しかし、最大の特長はその見た目。背面に発光可能なLEDストライプを搭載しゲーミングPCを彷彿させる見た目となっています。機能面でもゲームのパフォーマンスが向上するとされる「GameBoost」機能やベンチレーションシステムにより本体冷却も考えられているため発熱も抑えられるように工夫されています。

主なスペック 
CPUQualcomm MSM8998
Snapdragon 835 2.45GHz
Antutuスコア(CPU)185000
GPUQualcomm Adreno 540 GPU
Antutuスコア(3D)80000
ディスプレイ6.0インチ
1080×2160
RAM/ROM6GB/64GB
8GB/128GB
バッテリー容量3800mAh
参考価格¥43,000

 

Galaxy S9+(Samsung)

iPhoneと人気を二分するAndroidスマホの雄

Androidスマホ人気No.1のGalaxyシリーズの最新機種。最新の高性能CPU Exynos9810(またはSnapdragon 845)を搭載しており、現行のスマホではトップクラスの性能。他にも顔認証、Knoxセキュリティ、Dolby Atmos、ワイヤレス充電などあらゆる最新機能を搭載。特に注目なのが本体を専用のドック「Dex Pad」にセットすることでPCのように使うことのできる「Samsung DeX」です。SIMフリーのみならずDocomoやauなどのキャリアで簡単に入手できるのも強みですね。

主なスペック 
CPUQualcomm MSM8998
Snapdragon 845 2.7GHz
Antutuスコア(CPU)180000
GPUQualcomm Adreno 630 GPU
Antutuスコア(3D)85000
ディスプレイ6.2インチ
1440×2960(529ppi)
RAM/ROM6GB/64GB
8GB/128GB
バッテリー容量3500mAh
参考価格¥95,000

 

XperiaXZ2(SONY)

国産スマホの中ではもっともハイスペックな最新エクスペリア

国産の最新ラインナップの中ではもっとも性能が高いのがXperiaXZ2です。Galaxy S9+と同様にSnapdragon 845を搭載しているため、3Dゲームもサクサク動きます。もちろんXperiaといえばマルチメディア性能。HDR対応の液晶画面や本機から搭載されたダイナミックバイブレーションシステムは動画の音やゲームのアクションに合わせて本体がバイブ! PlayStation4のDUAL SHOCKのようにコンテンツと連動した臨場感を味わうことができますね。

主なスペック 
CPUQualcomm MSM8998
Snapdragon 845 2.8GHz
Antutuスコア(CPU)260000
GPUQualcomm Adreno 630 GPU
Antutuスコア(3D)105000
ディスプレイ5.7インチ
RAM/ROM6GB/64GB
8GB/128GB
バッテリー容量3060mAh
参考価格¥95,000

この記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top